様々な種類がある!鍵盤楽器の選び方について

初めて鍵盤楽器を習う方の基本

趣味や習い事として楽器演奏を行うことを希望されている方がいるでしょう。その中には鍵盤楽器を演奏することを目標にしている方も多く、ピアノなどは代表的な楽器として知られていますよね。最初の段階では音符を覚えることが必要になり、次に音階を覚えて実際に鍵盤を弾くことが必要でしょう。無理が生じないように、右手と左手を別々に習うことも基本になり、簡単な楽譜に沿って習うので、多くの方が徐々に鍵盤楽器の演奏を行うことができ、慣れが生じてくることが一般的ですよね。

購入する楽器についての問題

鍵盤楽器としてピアノを習うことを決めた方ならば、ピアノの購入を考えることが一般的ですよね。しかし、住宅事情によってはピアノを設置する場所が無い場合や、賃貸住宅でアパートなどの場合では運び入れることができない場合もあります。また、騒音問題なども起きてしまう可能性もあるので、しっかりと住宅事情を把握した上で購入する楽器を選ぶことがおすすめでしょう。現在では消音器が付いているピアノ、ヘッドフォンが使える電子ピアノも登場しているので、環境に合ったものを選べますよね。

他の楽器の選択肢について

鍵盤楽器を習う方の中には、単にピアノ演奏に留まらず、バンド活動を行うことを希望している方や、趣味として鍵盤を弾くことを目的にしている方もいるでしょう。このタイプの方であれば、シンセサイザーも楽器選びの一つとして考えることも良い方法です。シンセサイザーの場合では、小型で軽量なものが主流として販売されていて、持ち運びに関しても自由に行うことができるメリットがあります。また、複数台を所有することで、演奏に幅が出ることになるので、楽しみ方が広がるメリットもあるでしょう。

サックスには主にソプラノ、アルト、テナー、バリトンの5種類があります。音はソプラノから順に低くなっていき、楽器の大きさは音が低くなるにつれだんだん大きくなっていきます。