車検の特徴を知ろう!ガソリンスタンド・陸運局・ディーラーでの車検

陸運局に行くと最安値です。

車検で一番値段が安いのは自分で車検をする方法です。陸運局に設置されている車検場に自家用車を持っていく事で可能となります。こちらのは方法だと法定費用のみで済むため、整備がない場合にはかなり安くで済みます。しかしデメリットもあります。万が一車検に通らない場合にはその部分を修理する必要があります。陸運局では必要最低限のところしか見ないため、車検で点検しないような項目は、自分自身で点検する必要がありますよ。

ガソリンスタンドでも車検可能です

最近ではガソリンスタンドでも車検が出来ます。こちらの車検だと車検の必須項目以外は予算に応じて整備内容を決める事が可能です。陸運局での車検ほどではありませんが、こちらでの車検もかなり安い傾向にあります。費用の支払い方法ですが、基本的には現金一括払いですが、どうしても現金が準備できない場合にはクレジットカードの利用も可能です。スタンドによってはローン会社と提携している場合もあり、ローンが使える場合もありますよ。

心配な人はディーラーが一番です。

車の知識に自信がない場合にはディーラーでの車検が一番確実です。こちらの車検だと値段が高いと言うデメリットはありますが、一級整備士が整備します。部品もディーラー純正の部品を使用するためかなり質も高いです。オイル交換やオイルフィルター交換がサービスとなったり、提携しているカー用品店の割引券をプレゼントされる場合もあります。交換した部品はディーラーの保証が付くため、万が一故障した場合でも無料で交換してもらえますよ。

車検は車を持っている人は必ず受けなければいけないものです。2年に一度回ってきますので忘れずに受けましょう。